債務整理の費用はいくら必要なの

債務整理するにあたって実際にかかった費用ですが、ご相談する弁護士事務所により、計算方法は違うのかもしれませんが、お知らせいたします。


債務整理にかかる費用は、要するに弁護士が債権者側との交渉により、請求金額から減額となった金額が弁護士の報酬となります。

これだけは知っておきたい債務整理の弁護士に関する良い情報をご紹介するサイトです。

なお、弁護士に相談する際は無料で相談できますので、ご安心ください。また、弁護士費用もいくらかかるのかも合わせて教えていただけます。


弁護士費用は、すべて借金が完済した後にお支払いすることになります。

そして正式依頼となりましたら始めに手付金として数千円お支払すれば引き受けていただけます。
弁護士費用となるのはそれぐらいです。


他に請求されることはありませんでした。ひとつ注意するポイントは、いろんな弁護士の先生がいらっしゃいますので、本当に親身になって考えてくださる先生をお選びになることもおすすめいたします。

他にも様々な案件を抱えていることもあり、多忙なのはわかりますが、ただの事務処理のようにご対応されることもあると聞いたことがあります。

債務整理にも選択肢が3つありますので、再起するにあたってベストな選択はどれなのか、またメリットデメリットなどすべてにおいて良い助言をいただける弁護士に依頼すべきだと思っています。

最後に私の場合、延滞損害金がかなりの額になっておりましたが、債務整理(任意整理)をし、損害金がすべてなくなり、元金の分割払いのみとなりました。

元金の返済はしていかなければなりませんでしたが、債権者からの毎日かかってくる催促の電話がなくなり、損害金もなくなりで、とても気持ちが楽になりました。



そして、すべての元金を返済し終わったあとで、弁護士へ手付金を差し引いた残りの金額をお支払いする形となります。

Yahoo!知恵袋の知識を持つことが重要です。